青空

強迫性障害の基本

基本について紹介する。何の?強迫性障害の、である。

強迫性障害というのは、普段ならば気にも留めないであろうことが、異常に気になってしまって止まらなくなってしまう状態に陥ってしまうことを言う。
普段ならば気にも留めない、例えば家に帰ってきて手を洗うといった行動が、強迫性障害の症状が出ると、異常に気になってしまうのである。
すなわち、手を洗ったはずなのに、「汚れが落ちていない!」と思い込んでしまうことである。何度も何度も、水道の蛇口をひねって水を出し、石けんでゴシゴシやって、汚れを洗い落とそうとする。
一点の曇りもなく綺麗になったあとでも、「まだ汚い、まだ汚れている」と思い込み、手を洗うことをやめることができない……。

他の例で言えば、どこかに出かけるために家を出ても、何度も鍵を掛けるのを確認してしまうといった状態である。鍵がかかっているのを確認して、安心して家を出たはずが、気になって戻って確認してしまう。
何度も、何度も家と目的地までの道の途中を往復して、ドアをガチャガチャとやってしまうのである。目的地にはなかなか着くことが出来ない。待ち合わせに間に合わない。友だちと仲が悪くなってしまったり、大事な仕事が飛んだりしてしまうこともある。
こう考えると、非常に由々しい病気であることがお分かりだろう。

とはいえ、「あらゆること」が気になるわけではないという特徴を持っている病気でもあることは知っておくべきだろう。
上に書いたような、身の「安全」に関わるようなことや、身の「汚れ」に関することが特に気になるというのである。その他のことはそれほど気にならないのに、汚れているのではないか、安全がしっかり確保されていないのではないかということを一度思うと、もうその思いにとらわれてしまってどこにもいけなくなってしまう。
そんな病気なのである。